トルフィンの嫁、グズリーズちゃん登場!史実よりプロフィール紹介!

トルフィンの嫁、グズリーズちゃん登場!史実よりプロフィール紹介!


ヴィンランド・サガ15巻では、とうとうトルフィンのとなるグズリーズちゃんが登場しました!

ていうか ちゃっかり表紙になっちゃってます!
いやあ可愛いですねえ。

「トルフィンの嫁」は史実にも登場!

ヴィンランド・サガの主人公トルフィンは、実在の人物がモデルであることは多くの読者がご存知かと思います。
その人物とは「侠気(おとこぎ)のソルフィン」ことソルフィン・カルルセフニ・ソルザルソン
多くの移民を引き連れてヴィンランドへと導いた偉人であります。

そして彼にグズリーズという名の妻がいたことも、歴史に刻まれています。
そうです、15巻で登場したグズリーズちゃんこそ、将来トルフィンの妻になる女性で間違いないでしょう。

というわけで、今回はグズリーズちゃんの人物像に迫ります!

トルフィンの嫁グズリーズの経歴

史実でも、グズリーズはレイフの義妹という事になっています。
船乗りレイフの弟であるソルステインという男が、グズリーズを妻にしたのです。

このソルステインという男は、兄レイフの発見したヴィンランドに移住することが夢であり、今まで3度航海に挑戦しましたが全て失敗しています。
そしてグズリーズとの結婚後間もなく、ソルステインは病に倒れなくなってしまいます。

その後アイスランドからやってきた商人ソルフィンが、グリーンランドで未亡人となったグズリーズに一目ぼれして妻にするのです。

ソルステインの夢を引き継ぎたいと思ったのでしょうか、グズリーズはソルフィンにヴィンランドへの航海を勧め、二人は海へ旅立つのでした・・

というのが文献史料に載っている史実であります。
トルフィンがすでに商人になっていたり、グズリーズに一目ぼれしたりと漫画では多少違うところもありますが、
漫画ヴィンランド・サガでもグズリーズの経歴はだいたい同じなのでしょう。

つまり、この時点ではグズリーズちゃんは未亡人だということ。
作中のグズリーズちゃんのセリフから、まだ処女であることがわかりますが それにしたって今よりさらに若いころのグズリーズちゃんを娶るとは、レイフの弟どんだけロ●コンなんだよ。。(ll´Д `) ものすごい歳の差婚だったでしょうね

グズリーズの性格

史実ではグズリーズの性格についてはあまり触れていませんが、ソルフィンにヴィンランドへの危険な航海を勧めて、一緒に旅立ってしまうあたり、、そうとうたくましい女性だったのでしょうね。

そして漫画ヴィンランド・サガでもなかなか男勝りのたくましい性格をしています。
料理や裁縫が大の苦手で、オシャレにも無頓着で自ら髪を切り落とす。「世界」に憧れ船乗りをめざし、何度レイフに断られてもあの手この手で船に乗り込もうとする。あまりに活発な性格。
・・これは興味が男っぽいというのを通り越してサヴァンとかADHDではないかと疑ってしまうレベルですね。

でもそんな彼女だからこそ、時折見せる照れた表情が、、ギャップがあってめっちゃ可愛く見えてしまいます。

どうやらすでにトルフィンに惚れかけているようですね。順調順調。

でもレイフ達からの「グズリ」っていう呼ばれ方は微妙だと思う。全然可愛くないし。。
ぼのぼのとかにもでてくるクズリを思い出してしまいます。。

クズリ – Wikipedia
クズリ(貂熊、屈狸、Gulo gulo)はネコ目(食肉目)イタチ科クズリ属に分類される哺乳類。

二人の将来は?

史実では、トルフィンとグズリーズの夫婦は・・・移民を引き連れ見事ヴィンランドに到達し、子供にも恵まれるという結果になっています。

幸せな結末でよかった。。漫画でも、ぜひこんな展開になってほしいですね。
二人の恋の行方、そしてヴィンランドへの航海が楽しみですね(*^_^*)


スポンサーリンク