アパートの寒い部屋を暖かくする

ネタけた

Just another WordPress site

アパートの寒い部屋を暖かくする方法



 

1人暮らしのアパートの部屋は寒くて仕方ありませんね・・・

 

今回は
私が木造アパートに長年住み続けて編み出した、
防寒対策のすべてをご覧ください!

 

 

 

まずはエアコンを新調する

 

ボロいアパートだとたいていエアコンもボロいです。
性能がだいぶ落ちていることもあるので
暖房が良く効かない場合は、
大家さんや管理会社に
修理か取り換えを交渉してみましょう。

 

最悪、自費になってでも
エアコンだけは直しておいた方がいいです。
フィルターもきれいにしておきましょう

 

ちなみにサブの暖房器具を買う場合、
電気毛布が断然おすすめです。
電気毛布を最大出力にして上に座りこみ、
ベッドから動かないのが一番温まります。

 

オイルヒーターは絶対にお勧めできません。
温まるのに何時間もかかりますし電気代がハンパないです。
「電気代の目安 1時間○○円」などに騙されてはいけません。

 

 

 

冷気を遮断する

 

部屋の熱を一番奪うのはです。
窓一面にプチプチのシートを貼って、
さらに下側の窓枠レールにタオルを敷き詰め、
段ボールや断熱ボードを立て掛けましょう。

 

窓をぴっちり閉めても
窓の下端からは常に冷気が噴き出てくるので
このように重点的に塞いでおきます。

 

また床には全面にカーペットを敷いて熱が逃げるのを防ぎます。
玄関のタタキなども冷たいコンクリなので
段ボールやマットを敷いて断熱しておきます。

 

その他意外と見落としがちなのは玄関のドアです。
鉄でできているドアは部屋の熱気を容赦なく外に逃がします。
ここにもまんべんなく断熱シートを貼ってください。
オシャレなものもいろいろありますよ。

 

 

 

体を温める

 

お風呂に入る、ご飯(特にタンパク質)を食べる、
カレーやショウガ、ホットミルクなどを摂る、
軽い運動をするなどで
身体が芯から温まり、しばらく寒さをしのげます。

それでも寒い場合は、
あたたかいルームブーツやハンドウォーマーで
守りを固めましょう。

 

 

 

おやすみ時の強い味方

 

厚めの掛け布団

 

電気毛布

 

ふかふかの敷布団パッド

 

布団の下に敷くアルミシート

(100均でも売ってます)

 

 

 

ちなみに

暖かい空気は上にたまるので
ロフト付きの部屋は最悪です。
ロフト以外の場所がほとんど温まりません。
冬が辛ければ、引っ越しも検討したほうがいいかもしれません

 

 


 

 

私は一年中、24時間エアコンを入れっぱなしですが、

これらを実践しているおかげで、真冬でも電気代5000円で済んでます d(・∀・)

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 


 

 

カテゴリー
最近の投稿
Sponsored Link
ブログランキング