カラオケで喉を傷めない歌い方は?

カラオケで喉を傷めない歌い方は?


喉を傷めるのは、喉が閉まっている証拠です。

特に、高い声を出そうとすると喉が閉まってしまう人が多いです。。
実際は、喉の奥を開いた方が高い声が、楽に出るんですけどね。

喉を開いて歌う

ボイストレーニングに行くと、たいていは「喉を開いて歌え」と何度も言われると思います。
『喉を開くって』どういうこと?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、わりと感覚的に理解するものなので言葉では簡単に説明しにくかったりします。。
なので、気になる方はボイトレ本で図解を見ながら理解したり、
動画でコツをつかんでください。

ミドルボイス(ミックスボイス)を使う

喉を傷めずに高い声を出すにはミドルボイスを使う方法もありますが。。

ミドルボイスとは、裏声と地声の混ざった声(裏声と地声のちょうどあいだの声)を出すテクニックで、裏声のように高く、地声のように自然な声で歌えるのです。
プロの歌手はほとんどがこのミドルボイス(ミックスボイス)を習得していると言われていますが、体得するのはけっこう面倒なので無理してやらなくてもいいと思います。

気になる方はこちらの本でトレーニングしてみてください。

※ちなみにミックスボイスは、ミドルボイスをさらに地声に寄せたり裏声に寄せたりと声質を自由自在に変えて歌うテクニックです。

喉スプレーを使う

これは裏ワザですが、カラオケで歌う前に

この喉スプレーをシュッとしてから歌うと、喉が開きやすくなって簡単に高い声で歌えます。(個人差はありますが・・)
喉を傷めないように、喉スプレーで予防しましょう!

ただし、毎日使いすぎるとクセになって逆に喉が弱くなるので
カラオケの時だけ、3時間に一回だけ使ってください。

関連記事:喉を潰さないために…効果抜群!喉ケアグッズ


スポンサーリンク