ダーウィンが来た!都会でがんばるハリネズミちゃん。

ダーウィンが来た!都会でがんばるハリネズミちゃん。


今週のダーウィンが来た!はハリネズミの特集ですね!


ロンドンの街中で暮らすハリネズミの姿をご覧ください。

ハリネズミの生態。

ハリネズミはヨーロッパやアフリカで暮らす小型の動物。


ネズミの仲間だと思っている方もいますが、実はハリネズミ科として独立している、完全に別の生き物なんです。どちらかと言うとモグラに近いそう。
普段はミミズなどを食べて生活してます

日本では、ソ●ック・ザ・ヘッジホッグというキャラクターが有名ですね。


体を覆うトゲトゲは、毛が集まって硬くなったもの。
危機を察すると丸まって身を守ります。

ハリネズミのハリが立つ瞬間

ハリネズミはこう見えて臆病でおとなしい性格です。
トゲトゲが手に刺さらないように気を付けて、お家でも飼うことができるんですよ。


つぶらな瞳と丸いお鼻がかわいいですね(*´ω`*) おてても小っちゃくてピンク色してます。

・・・ちょっと似てるけどもヤマアラシと混同しないでくださいね。

こいつは爪も鋭く凶暴です!

イギリス人はハリネズミ好き?!

イギリスではハリネズミはとっても身近な存在。
農家の生垣に潜んでいることから、英語ではヘッジホッグ(生垣のブタ)というんです。



ヨーロッパでは昔から「背中に幸運をのせて運んでくれる」「ハリネズミに出会うと幸運がつかめる」として縁起物あつかいされ、とても可愛がられているんですね。


ハリネズミのお家をつくっちゃうお宅もあります

しかし・・イギリスでは今、生垣を使った昔ながらの畑を減らし、より広く効率的な農場が増えています。
生垣を撤去され、住処を追われたハリネズミは個体数が激減。

一部のハリネズミたちは、都会へ活路を見出したのでした。。

都会で生きぬくハリネズミの暮らしぶり。

生き残りをかけて都会へ進出したハリネズミたち。
ロンドン市内の公園に潜む彼らは夜ごと民家に忍び込み、食べ物を探し求めます。

イギリスの家庭では、草花の自然な植生を生かした「イングリッシュガーデン」が流行中。

こういった庭にはハリネズミの大好きなミミズや昆虫がたくさん潜んでいます。
ガーデニングの大敵である虫やナメクジを食べてくれるので、ガーデニング愛好家は大喜び。
都会でも可愛がられてしまうハリネズミなのでした。


病気やケガをしたハリネズミを保護するハリネズミホテルもたくさんあります。

しかし安心してはいられません。民家の庭には彼らだけでなく、天敵であるキツネアナグマもやってくるんです。。
時にはキツネと食べ物を奪い合い、時にはアナグマに食べられそうになりながら戦いを繰り広げる毎日。


特に今イギリスで問題となっているアナグマの大繁殖は、ハリネズミ激減の要因にもなっているのです。

番組内では、アナグマからわが子を必死で守るお母さんの姿も紹介されましたね。
頑張れお母さん!!

日本でも人気上昇中!

2011年、ペットのダーシーちゃん(♀)がインスタグラムで人気爆発したのを皮切りに
ネットでハリネズミ画像や動画が次々にあげられ、ペットとしてどんどん人気が高まっているんですよ。


ダーシーちゃん

↓その他人気のハリネズミたち

手の中で眠る赤ちゃんハリネズミ

遊ばれてるけど、まんざらでもないハリネズミ

ハリネズミ散歩

最近ではハリネズミを売ってるペットショップも多くなってきました。
エサやりや温度管理など少し手のかかる動物ではありますが、この可愛さにやられたら覚悟できるはず。
癒しを求めているあなた!ハリネズミちゃんとの生活を送ってみてはいかがでしょうか。

飼えないけど、どうしてもハリネズミと触れ合いたい方は
原宿にあるハリネズミカフェ「HARRY」にGO!
Cafe – HARRY


スポンサーリンク